Surfaceでカーソルが小刻みに揺れる現象の解消方法

ビジネス

この記事は約 3 分で読めます。

どうも、教え方コンサルタント、話し方コーチの木村(@kei_kimkoza)です!

僕は、Surface Pro2を使っているのですが、突然マウスのカーソルが小刻みに揺れることがあります。

揺れるカーソルの図

検索してみると、同じような現象が起きて困っている人が結構いるようです。ただ、どこにも解消するための方法がなく困っていました。

そこで、いろいろ試したところ(というか偶然に発見したんですけど)この現象が解消したので紹介したいと思います。

なお、この方法は僕の環境で解消したというだけなので、必ず治るという保証はありません。そこんところあらかじめご了承ください。

カーソルの揺れはBluetoothの干渉?

僕の環境はSurface本体、純正タイプカバー(キーボード)、Arc Touch Mouse(Bluetoothマウス)なので、この現象はBluetoothの干渉によるものなのだと思っていました。

すぐ隣にはiMacがあり、iMacのキーボード、マウスは両方ともBluetooth接続です。他にもiPhone、プリンタ、目に見えないモノ(電波)が飛び交っているところでSurfaceを使っているので、周りのBluetooth機器を停止すれば治るだろうと思っていました。

ところが、Surface意外のBluetoothなどすべて切っても一向に治りません。まさか、と思いArc Touch Mouseもオフにしましたが、やはりダメです。

あまりにイライラしたので「うがーっ!!」とタイプカバーを引っこ抜いたら治りましたwww

つまり、Bluetoothの影響とかそういうんじゃなく、ただタイプカバーがおかしかった、というわけですね。しかも、カーソルのことですから、おそらくタッチパッドがいけないはずだと思いました。

しかし、タイプカバーは本体に接着していないと使用できないですし、そもそもキーボードがないと文字が打てない……。ここで、あることに気づきます。

タッチパッドを無効化すりゃいいんじゃね?

考えてもみれば、Arc Touch Mouseを使っているのにタッチパッドを有効にしている意味はありません。逆にこれまでもタッチパッドが有効なせいで、カーソルがあらぬところへ飛んで行ったり、キータイプ中に意図しない箇所をクリックしてしまったりすることがありました。

タッチパッドを無効化する

タッチパッドを無効化する方法は簡単です。まず、スタートメニューから歯車マークをクリックします。

設定画面が表示されたら「デバイス」をクリックします。

左側から「タッチパッド」を選択します。すると右側にタッチパッドの設定画面が表示されるので「マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない」のチェックを外します。下の写真のようになっていればOKです。

これで、Surfaceでマウスのカーソルが小刻みに揺れる現象が解消するはずです。

まとめ

なんだか根本的な解決になっているのかどうかと言われれば不安ですが、ひとまずこれで安定して使用することができています。

また、以前からArc touch mouseが突然切断される、という現象もあったのですが、タッチパッドを無効化してからはその現象がなくなったように思います。

何が悪いのかよくわからないですが、ひとまず同じように困っている方は試してみてはいかがでしょうか。

では!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いた人
木村 圭

教え方コンサルタント、話し方コーチ。長年にわたりコンタクトセンターの研修講師として従事。自身が開発した業務研修では、独自の教育ノウハウを用いて離職率35%→0%を達成した。2018年、うつで休職したことをきっかけに教え方コンサルタントとして独立。また、株式会社クラウドワークスが提供するマンツーマンのスクールサービス「サイタ」では合格率11%の認定試験を通過。コミュニケーション力を上げる話し方コーチとしても活躍中。

きむにぃをフォローする
コミュニケーション講座のご案内

もし、コミュニケーションに関する悩みをお持ちなら教え方コンサルタント、話し方コーチの木村に直接相談してみませんか?

✔ 「で、何が言いたいの?」とよく言われる。
✔ 雑談が上手くできず、会話が続かない。
✔ 人にもっとわかりやすく説明したい。
✔ コミュニケーションの基本を知りたい。

そんなあなたにピッタリのサービスを用意しています。

木村圭をTwitter でフォロー
ビジネス小技
きむにぃをフォローする
教え方と伝え方の相談所

コメント