「ご説明いたします」は正しい敬語?

コミュニケーション術

この記事は約 3 分で読めます。

敬語の中でも相手の動作を敬う意味で、「お」や「ご」をつけることがある。反対に自分がする動作に「お」や「ご」はつけない。では「ご説明いたします。」という言葉は正しい敬語なのでだろうか。

おさらい

その前に敬語についてのおさらいをしておこう。敬語にはざっくりと3つの種類がある。

  • 尊敬語
  • 謙譲語
  • 丁寧語

まず尊敬語とは相手のことや相手の動作、相手に近い人を敬って(高めて)使うものである。例えば「Aさんが見る」であれば「Aさんがご覧になる」と「見る」の部分を尊敬表現にする。

謙譲語は自分のことや、自分の動作、自分に近い人をへりくだって(低める)使うものである。「私が見る」であれば「私が拝見する」というように表現する。

丁寧語は言葉自体を丁寧に言うこと。上記の例だと「Aさんがご覧になります」や「私が拝見します」などの「~ます」がそうだ。他にも「花」を「お花」と言ったり、「着物」を「お着物」と言ったりする美化語も丁寧語の一部である。

詳細を知りたい方は次の記事も参照してもらいたい。

敬語の使い方、教えます。
敬語って使えているようで実はうまく使えていない、なんてことありますよね。実は、あるポイントさえおさえておけば、簡単に敬語を使うことができます。そこで、この記事では敬語の使い方について説明ています。

ちなみに丁寧語=敬語と勘違いする人がいるが、敬語は相手を敬って相手を立てるか、自分を下げるかが必要になるので「です」「ます」だけでは敬語で話しているとは言えない。

「お」や「ご」を付けると尊敬語になる

実は尊敬語の中にもいろいろな形がある。一般的な形をあげてみよう。

「〜になる」の例

  • お客さまがお帰りになります
  • 新作はご覧になりましたか

「〜なさる」の例

  • どちらをご利用なさいますか
  • お気になさらないでください

他にも「〜(れる)られる」や、「〜くださる」の形、「召し上がる」などの言い換えの形がある。

そしていずれの尊敬語も言葉の頭に「」や「」が付くことが多いということに気づかないだろうか。

  • 帰りになります」
  • 覧になりますか」
  • 利用なさいますか」
  • 気になさらないでください」

尊敬語を使うときは「お(ご)〜になる」、「お(ご)〜なさる」のように頭に「お」か「ご」をつければ、なんとなく尊敬語っぽくなる、ということがわかる。

「ご説明いたします」は自分を高めることになる?

頭に「お」や「ご」を付けることで尊敬表現になることはわかった。

ではこんな場合はどうだろう。

  • 「私がご説明いたします」
  • 「そのようにお伝えいたします」

「説明」も「伝える」も自分の動作を敬語にしているから、謙譲表現を使っていることになる。しかし、頭には尊敬表現で使う「お」や「ご」が付いている。これは自分や自分の動作を敬っている(高める)ということになってしまわないだろうか。

実はこれらの「お」や「ご」は使う相手によって変わる。

上記の例の場合、その話題に出てくる人物が自分に近い人間なのか、相手に近い人間なのかにより、「お」や「ご」を付ける判断をすればいい。

話題の対象(人物)が相手、または相手に近い場合

話題の対象がお客さま

「この商品について、教えてもらいたいんだけど」
「はい。私がご説明いたします」

話題の対象が社長の家族

「妻に会ったら昼過ぎに戻ると伝えてもらえるかい」
「そのようにお伝えいたします」

話題の対象がお客さまや社長の家族であった場合、それは相手自身や相手に近い人物ということになる。この場合、「お」や「ご」をつけて問題ない。

話題の対象(人物)が自分、または自分に近い場合

話題の対象が自分の部下

「例の件、〇〇くんに教えておいてくれ」
「はい。私が説明いたします」

話題の対象が自分の家族

「君の奥様によろしく伝えておいてくれ」
「そのように伝えます」

自分の部下も自分の家族も自分に近い人物なので、この場合「お」や「ご」はつけない。

このようにその言葉を使う相手が自分から近いか、遠いかで「お」や「ご」を付けるか判断する。

まとめ

尊敬語、謙譲語の違いがわかっても、使うシーンによって迷うことが多々あると思う。

今回とりあげた「お」や「ご」もそのひとつ。謙譲語は自分を低めなければいけない!と決めつけてしまうと、その考えにがんじがらめになってしまう。

誤った敬語を使うことは極力避けたいが、相手を敬う気持ちがあれば、間違いながらでも少しずつ使えるようになれば良いと思う。

コメント