太陽光発電を検討する際の3つの注意点

太陽光発電の注意点
FODプレミアムは月額が発生するので、登録するのに一歩踏み出せないですよね。そこで、実際に私がFODプレミアムに登録してみて良かったこと、イマイチなところなどを紹介しています。

この記事は約 4 分で読めます。

家計にプラスで地球にも優しいエネルギーを生み出すことで話題の太陽光発電ですが、検討をされている方はどのような点に注意をすれば良いのでしょうか。

実際に太陽光発電を導入している僕からいくつかの注意点をお伝えします。

注意点は大まかに3つ

    見積もりは複数社から取る
    目の前の安さにとらわれずに先の費用も考える
    発電量の保証があるかどうかの確認

これらの注意点について順に説明していきましょう。


この記事を書いたきむにぃの話し方講座が開催されます

見積もりは複数社から取る

太陽光発電設置はまず見積もりを取ることから

太陽光発電を導入する前に家の屋根でどれくらいの発電ができるのか、またどれくらいの費用がかかるかなどの見積もりを取ることになります。

見積もりは設置するパネルメーカーや設置する業者によって費用も上下します。この見積もりはどこでとっても同じと言う訳ではありません。

また、一つの業者で複数メーカーのパネルを扱っていることもあるので複数のパネルで見積もりを出すこともおすすめです。

複数見積もりをして交渉をする

この見積もり金額、実は交渉することもできるんです。全ての業者で交渉ができる訳ではありませんが多くの業者が交渉可能です。

そして、この交渉の際に非常に役立つのが他社との相見積もりです。実際に僕も複数社の見積もりを取り、交渉材料としていました。

設置業社としては他社より見積額が高ければ売れるわけがないので、できる限りライバルよりも低い金額を提示しようとしてきます。

また、他社でも見積もりをとっていると伝えると嫌がる業者もいます。このような業者は自社サービスや価格自信がないのです。

そしてあの手この手で単独見積もりをさせようとしてきます。このような業者は注意が必要です。

一方で他社との見積もり比較にも自信を持って接してくれるような業者は逆にサービスに対して自信があるということになるのでオススメかもしれません。

目先の安さにとらわれずに先の費用も考える

将来の追加費用も考慮する

見積もりを出すとこれからかかる費用がわかります。その費用は基本的に電気を売った収入(売電収入)から賄います。

すなわち(売電収入) – (費用)=(儲け)ということになります。費用が低ければ低いほど儲けが多くなり得をするという訳です。

しかし、ここで注意して欲しいポイントがあります。それは「設置後のメンテナンスや修理費用」です。

2017年の法改正によって太陽光発電設備のメンテナンスが必須となりました。

とある業者では初期費用が非常に安く上がったが、機材のメンテナンスや修理で結局赤字になってしまったというケースがあります。

太陽光発電用のパネルやその他に機材は機械ですので、自宅にある冷蔵庫や電子レンジなどと同様に壊れたり、不調になることがあります。

そのため、メンテナンスや修理に関する費用の説明がきちんとあることや、将来的にかかる費用を考慮した儲けを考えることが非常に重要であるといえます。

値段だけを強みにしている業者は要注意

圧倒的な価格だけを売りにしていて、質が悪いという業者が少なからず存在します。

太陽光パネル自体はパナソニックやシャープなどの大手企業が製造しているので問題はないのですが、設置の仕方や対応などが悪い業者がいます。

後付けで太陽光発電を設置する際は屋根に穴をあけることにもなりますし、設置業者が確かな技術力をもっているかどうかは非常に重要なポイントです。

目先の費用にとらわれることのないように注意しましょう。

発電量や機材の保証の確認

発電量の保証

いざ太陽光発電を設置しても見積もりほどの発電ができなければ収支がマイナスになってしまう可能性があります。

日照時間などは年によって違いますし、人間の力でコントロールできるものでもありません。そこで安心材料となるのが発電量の保証です。

発電量保証とは、年間発電量が見積もりの発電予測以下だった場合に不足分を保証してくれるという保証です。

この保証は二つの意味で安心を示してくれます。

一つ目は確実な売電収入です。見積もりを出した時点で売電収入の予測が確実に家の売電収入となることです。多く発電した分を取られることもほぼありません。

もう一つは業者が確実な見積もりを出してくれるという点です。

業者としても過度に強気な見積もりを出して毎年保証金を払っていては意味がありません。ある程度確証のある見積もりを上げてくるはずです。

発電量保証は売電収入の確実な保証だけではなく業者の見積もりにも一定の安心感を与えてくれます。

機材の保証の確認

先に述べた通り、機材は壊れたりメンテナンスを必要とします。その時にメーカーの保証や業者の保証が役に立ちます。

基本的に太陽光パネルや周辺の機材にはメーカーの保証がついています。しかし基本的には10~15年がほとんどです。

太陽光発電は10~20年と長いスパンで活躍してもらうものなのでこの保証期間は長いように見えて実は心強くないとも言えます。

また、災害や特殊なケースには保証が対応していなかったりと思わぬ大出費を強いられることもあります。

保証に関する説明は見積もりをもらうと同時に聞くこともできるのでどのような時に保証が適用されるのか、例外はどのようなケースなのかとしっかり確認することが必要です。

まとめ

以上いくつかの注意点を説明いたしました。

この注意点から僕が伝えたいことは「設置業者が信頼に値するか」ということです。

太陽光発電自体は非常に良い製品ですし、活用をすれば家計にも環境にも貢献する製品です。

そのため、失敗のないようしっかりと注意点を意識しながら検討したいものですね。

ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズは審査通過率9.8%という厳しい審査基準を設け厳選した太陽光発電業者だけを紹介してくれる一括見積もりサイトです。またNHK、フジテレビなどのメディアから取材を受ける今最も注目されているサイトです。

ソーラーパートナーズのメリット

ソーラーパートナーズで一括見積もりすると、専属のソーラーアドバイザーという担当者がつきます。そしてソーラーアドバイザーを通して各太陽光発電業者との訪問日程を決めることになります。他の一括見積もりサイトだと、太陽光発電業者と直接やり取りをする必要がありますが、ソーラーパートナーズの場合はそれがありません。窓口を一本化してくれるというのはありがたいですね。また、見積もりの妥当性などいつでも気軽に無料相談することができ、大変親切で丁寧にいろいろと教えてくれます。

ソーラーパートナーズのデメリット

ソーラーパートナーズが紹介してくれる太陽光発電業者は設置工事までを一貫して行う施工業者に限られています。販売のみを行う会社だと、中間マージンをとられ価格が高くなる&工事を丸投げしてしまう、という理屈らしいのですが、僕はそこに疑問を抱いています。実際に工事をしない会社に見積もりをとったことがありますが、価格は安く工事についても委託先と専属契約を結ぶなど徹底していました。工事をしない業者が見積もりから除外されてしまうことは選択肢を狭めることになるのでデメリットだと思います。

タイナビ

タイナビは100万人以上の人が利用した太陽光発電の一括見積もりサイトです。利用実績もさることながら、見積もり金額、施工品質、アフターフォローについて顧客満足度98%(楽天リサーチ調べ)を誇る優良サイトです。

タイナビのメリット

タイナビは、一括見積もりサイトにありがちなしつこい電話勧誘が一切ありません。僕はタイナビに見積もり依頼をしてから1か月以上放置していたのですが、その間タイナビから電話がかかってくることは1回もありませんでした(逆に寂しいくらい笑)。また、一括見積もりの際、「簡単見積もり」と「訪問見積もり」を選択することができ、簡単見積もりの場合、希望すれば太陽光発電業者との連絡はすべてメールでやり取りすることができます。腰を据えて相談するほどじゃないけど、どんなものなのか見積もり価格だけでも知りたい、という人にはかなりオススメです。

タイナビのデメリット

タイナビで紹介してくれる太陽光発電業者は、一定の基準をクリアした業者に絞られているようですが、審査基準のようなものは特に公開されていません。ソーラーパートナーズとグリーンエネルギーナビが審査基準を公開していることもあって、やや信頼性に欠ける気がします。

グリーンエネルギーナビ

グリーンエネルギーナビは加盟店登録するための審査基準を明確にし、また登録加盟店数も450社以上と、どの一括見積もりサイトよりも多いのが特徴です。

グリーンエネルギーナビのメリット

グリーンエネルギーナビはタイナビのように顧客満足度が高いだけあって(93%以上)、スタッフの方の対応が非常にいいです。また、ソーラーパートナーズのように無料で相談できるお客様サポートがあるのも嬉しいです。さらにグリーンエネルギーナビのサイトでは一括見積もりをしなくても、加盟店登録している太陽光発電業者の口コミをすべて無料でみることができます。業者の評判を事前に知ることができると、安心して見積もり依頼することができますね。

グリーンエネルギーナビのデメリット

どこよりも厳しい審査基準を売りにしているのですが、ソーラーパートナーズの7つの審査基準に比べるとややパンチに欠ける気がします。また、過去の口コミなどをみると、低評価の業者なども紹介していることがあるので、そういったところが少し心配ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いたきむにぃの話し方講座が開催されます


この記事を書いた人
きむにぃ

教え方コンサルタント、話し方コーチ。長年にわたりコンタクトセンターの研修講師として従事。自身が開発した業務研修では、独自の教育ノウハウを用いて離職率35%→0%を達成した。2018年、うつで休職したことをきっかけに教え方コンサルタントとして独立。また、株式会社クラウドワークスが提供するマンツーマンのスクールサービス「サイタ」では合格率11%の認定試験を通過。コミュニケーション力を上げる話し方コーチとしても活躍中。

きむにぃをフォローする。いや、して!
マンツーマンレッスンのご案内

もし、コミュニケーションに関する悩みをお持ちなら当ブログ筆者で教え方・伝え方スーパーバイザーのきむにぃに直接相談してみませんか?

✔ 「で、何が言いたいの?」とよく言われる。
✔ 雑談が上手くできず、会話が続かない。
✔ 人にもっとわかりやすく説明したい。
✔ コミュニケーションの基本を知りたい。

そんなあなたにピッタリのサービスを用意しています。

太陽光発電の注意点
スポンサーリンク
きむにぃをフォローする。いや、して!
教え方と伝え方の相談所

コメント