Googleアドセンスの自動広告を特定の記事だけ外す方法

ビジネス

この記事は約 3 分で読めます。

2018年2月から始まったGoogleアドセンスの自動広告。ユーザビリティはさておいて、僕にとっては「楽だから」という理由で当ブログにも導入している。しかし、商品やサービスを紹介する記事の場合、アフィリエイトリンクが貼られているため、どうしてもアドセンス広告が邪魔になる。

そのため、特定の記事だけアドセンスの自動広告を外す(非表示にする)方法はないかと調べてみた。調べた結果「<!–NoAds–>」タグを追加する方法があったがうまくいかなかった。他にもPHPファイルをいじる、とかプラグインを導入する、というものもあったが、面倒くさい上に失敗したら最悪だ。

困りながら改めてGoogleアドセンスのページを見ていたら「これでイケんじゃね?」という方法があった。試してみたところ、特定の記事だけ自動広告を外すことに成功したので紹介する。

なお、Googleアドセンスの自動広告とは何か、なぜアフィリエイトリンクがあるページでアドセンス広告が邪魔なのか、といった話は割愛して、シンプルに自動広告を特定の記事だけ外す手順を紹介する。

Googleアドセンスにログインして「自動広告」画面を表示する

ログインしたら、左メニューから「広告の設定」をクリックする。広告の設定をクリックすると、「自動広告」画面が表示される。

新しいURLグループを作成する

「自動広告」画面が表示されたら「新しいURLグループ」と書かれたボタンをクリックする。

Googleアドセンス広告を外すURLを指定する

「新しいURLグループ」画面が表示されたら「URLを追加」をクリックする。

URLの入力欄が表示されるので「新しいURL」と書かれたところに、Googleアドセンスの自動広告を外したいURL(絶対パス)を入力し、「追加」をクリックする。

広告を外す

追加したURLにチェックをして、「次へ」をクリックする。なお、自動広告を外したい記事が複数ある場合は「次へ」をクリックする前に「URLを追加」をクリックして、URLを追加する。

「URLグループの広告設定」画面で、すべての広告を非表示にして「次へ」をクリックする。なお、「ここで指定した内容は全般設定よりも優先されます」と書かれていることから、指定した特定のURLだけ、広告の非表示設定ができることがわかる。

「URLグループの確認」画面が表示されたら、広告を外すURLが誤っていないか確認し「保存」をクリックする。

反映するのに、10~40分程度かかるが、無事、特定の記事だけ自動広告が消えてくれた。

以上が特定の記事だけGoogleアドセンスの自動広告を外す方法だ。プラグインやPHPファイルをいじることなく、設定することができるので、素人の僕でも簡単にできた。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いた人
木村 圭

教え方コンサルタント、話し方コーチ。長年にわたりコンタクトセンターの研修講師として従事。自身が開発した業務研修では、独自の教育ノウハウを用いて離職率35%→0%を達成した。2018年、うつで休職したことをきっかけに教え方コンサルタントとして独立。また、株式会社クラウドワークスが提供するマンツーマンのスクールサービス「サイタ」では合格率11%の認定試験を通過。コミュニケーション力を上げる話し方コーチとしても活躍中。

木村 圭をフォローする
コミュニケーション講座のご案内

もし、コミュニケーションに関する悩みをお持ちなら教え方コンサルタント、話し方コーチの木村に直接相談してみませんか?

✔ 「で、何が言いたいの?」とよく言われる。
✔ 雑談が上手くできず、会話が続かない。
✔ 人にもっとわかりやすく説明したい。
✔ コミュニケーションの基本を知りたい。

そんなあなたにピッタリのサービスを用意しています。

木村圭をTwitter でフォロー
ビジネスブログ
木村 圭をフォローする
個人として輝く!コミュニケーション講座blog

コメント